底地とはどんな土地でどんな状態から問題になっているか

底地

底地とは? 聞きなれない底地の意味

外国の家

不動産関連でごくたまにくらいしか聞かない言葉の一つに、底地と言うものがあります。底地というのは、言葉だけ聞くと底のようなところにありそうな低い土地のようにも聞こえてきますが、実際の意味としては、借地権付の土地の所有権のことをさします。
借地権というのは、借地借家法によって定められた土地の上に立っている登記されている建物を利用するために建物が存在している土地を利用する権利を得るためのものです。借地権者が土地を利用させてもらう代わりに、土地の所有者がその利用させている分を金銭などで得る権利を有しているわけです。
土地の所有者は借地権が設定されているときには、その土地の利用をすることはできないとされています。底地の土地所有と賃料の収益権のことを不動産業界では、「底地権」という風にも呼ばれることがあり、基本的にはあまり好まれるような土地ではありません。
底地となっている土地は権利関係が複雑になっているもので、利用権限の制限されていますから、一般的な土地に比べると値段がかなり低いとされております。売却などの処理をするときには、底地の権利関係を一度シンプルに処理して置かないとなかなか処理が難しいとされているのです。

底地のポイントについて

底地とは、要するに借地権付の土地の所有権です。つまりは、土地というのは所有権がしっかりとありますが土地の完全な所有権ではなく、そこから借地権が取り除かれた権利のことを底地権と呼ぶわけです。これがとても大事なことになりますから、よく覚えておくとよいでしょう。
底地とはどうしても価値が下がることになります。つまりは、どうしてもそこを活用することにはなかなか大変なことがあるわけです。何しろ、底地というのは借地権があるわけですから、その人がまずは利用しているわけです。土地の所有権自体はあるのですが、それでも借地権がある場合はそちらが優先されるわけです。利用する権利が借地権になりますから、住んでいる人を強制的に出すわけにはいかないのです。
底地には、こうした非常に面倒なことになっているわけです。では、土地の価値自体はそこまで高くないのか、といえばそれは個別に違うことになります。確かに扱いにくいことは確かではあるのですが、別に土地としての価値が極端に低いのかどうか、というのはまた別問題になります。ですから、キチンと活用することができている場合もあるのです。そもそも貸しているわけですから、運用自体は底地もできてはいるのです。

底地で問題になること

底地で問題になる可能性になることは、地代の安いことです。昔はそれでよかったのですが、どうしても地価が高くなってしまうことがあるわけです。そうなりますとずっとのその金額で貸し続けることはむしろ、損ということもあるのです。
最低限、固定資産税などは支払える金額であればそこまで極端に問題になるわけではないのですが、底地というのはこうした点が難しいのです。底地というのは、借地権がついている土地のことをいいます。
この底地というのは不動産屋的にもなかなか扱いにくいことになります。それをよく認識しておいて、上手く活用できるようになりましょう。底地で大変なのは借地権があるがゆえに、自由に使うことができない点に集約されているといっても過言ではないでしょう。この借地権というのは何かと勘違いされていることがあるのですが、借地権として設定されていない限りはそれは別に強制的に生まれるような権利ではないのです。
逆にキチンと設定されますとこれは強力な権利になります。その土地の所有者がその借地権を買い取りをする、ということがあるのです。そうすることでその土地の完全なる権利を取り戻すことができる、ということになります。こうしたことをしないといけないので底地というのは厄介な扱いを避けることがあるのです。

List

Choices Article