底地とはどんな土地でどんな状態から問題になっているか

底地

底地はどんなことなのか

底地というのは、完全にその不動産の価値があるわけではないのです。まずは土地には色々と権利があることをよく理解しておきましょう。具体的にはまずは土地には使う権利というのがあるのです。地上権と呼ばれるものですが、その一つが借地権になります。
底地とは借地権が設定されている土地である、ということになります。ですから、その土地の所有者も完全に自由に使うことができるわけではないのです。また、土地を売るにしてもその土地の価値は地価に、借地権の金銭的な価値を引いた金額になります。
つまりは、どうしてもかなり土地の価値が下がることになるのが借地権が設定されていることになります。ですから、底地というのはまずは価値が下がることになるのは仕方ないことになります。
それでもまず貸せていることが事実としてあります。つまりは、少なからずお金には現状の方法でもなっているわけです。しかし、より効率的に運用したいのであれば買取をする、ということもあるでしょう。今のままでもよい、というのであれば底地の状態でも問題ない、となる場合もあるわけです。このあたりをよく考えて運用することです。底地であっても必ずしも悪いわけではないのです。

Choices Article