底地とはどんな土地でどんな状態から問題になっているか

底地

底地とはどんな土地で問題はどこか

土地には様々な権利が決められていることがあります。例えば所有権が割合で分割されていることもあるのです。所有権ではありませんがその土地を使うことの権利を持っている土地があったりします。それが底地になります。これは借地権付の土地のことをいいます。
まず、所有権には権能として、使用すること、収益を出すこと、処分をすること、というのがあるのですが、底地の所有権者には、直接的に使用する収益機能がない、ということになります。つまりは、底地であればそこに住んでいる借地権を持っている人がいるわけです。そうしたところがこの底地の難しいところであるといえるでしょう。
ですから、なかなか大変な扱いをされることになります。底地での問題となるのは、もし所有者が完全に使用収益を得たいのであれば取り戻す必要があるのです。借地権を買い戻すことになるわけです。
そのまま返還されることもあるのですが、確実にそれは金銭的な問題になることがありますから、これは覚悟しておいたほうがよいでしょう。それでも十分に期待できることもあるのです。別に確実に買い取れないわけではありませんし、或いは地価にあわせて地代を上げる交渉も意外とできるのです。

Choices Article