底地とはどんな土地でどんな状態から問題になっているか

底地

底地とはどんな状態であるのか

いろいろな状態の土地というのがあるのですが、その土地を貸して住まわせている場合、借地権というのが発生していることがあります。これは絶対というわけではないです。あくまでキチンと設定をすれば、ということになりますがこの借地権が設定されている土地というのが底地になります。
底地というのは、なかなか扱いが難しいものであり、不動産業者としても厳しいことになります。しかし、それでも底地専門のところがあったりしますから、上手く活用する方法がないわけではないのです。
まず、底地の価値というのはその土地本来の価値から借地権の価値を差し引くということから算出されることになります。これは底地の権利を持っている人が土地を借地権者に売るときにもまず考えられることになります。こうしたことが底地にはあるのです。
底地には、いろいろとよい点もあります。具体的には既に土地を貸している、ということがあるからです。つまりは、少なからず収益が出ている、というわけです。底地であろうと土地であることには変わりなく、そして、今現在は貸しているわけですから、実は少ながらず運用されていることは確かであり、その点はしっかりと評価するべきでしょう。

Choices Article