底地とはどんな土地でどんな状態から問題になっているか

底地

底地に関することについて

不動産を持っていることはなんといっても何かと役に立ちます。貸すこと、或いは売ることもできるようになっています。しかし、そうしたことが限定的になってしまうこともあります。そうした権利関係になっている土地があるわけです。それこそが底地になります。
底地というのは、借地権がついている土地になります。借地権というのは、その上に住むことができる権利になります。これは地上権の一種であり、相当に強い権利でもあります。ですから、底地というのはその土地の所有権を持っている人が好きなようにすることができないような土地、ともいえるわけです。
もちろん、貸しているわけですから、地代を得ていることは確かです。それはそうなのですがより上手く活用できるようになってしまうこともあります。つまりは、地価が上がり、当初の金額で貸すよりもマンションなり、アパートなりを建てることのほうがよい、となる場合もあるのです。
そこで大事になってくることがあるのです。それが借地権になります。借地権というのは、そうした意味で非常に厄介になる、というわけです。底地というのは、こうしたことが問題になることがありますから、しっかりと覚悟しておきましょう。

Choices Article